ストレススキャンについて

ストレススキャンは、現代社会が人々に与える「ストレス」に関するデータを収集・活用し、人々がストレスと正しく向き合い、健康で明るい生活のできる国づくりに貢献するための活動をしています。

「ストレス」を測れます!

ストレスの原因

現代社会は「ストレス」があふれている

「ストレス」という言葉を使ったのは、いつですか?あるいは、「ストレス」を意識したのは、いつですか?

おそらく、今日、あるいは昨日、そんなに遠い過去ではないでしょう。それだけ、今の社会では、「ストレス」があふれているんです。

でも、「ストレス」を見たことある人って、いますか??普通は、見えないんですよ!ストレスは!

ストレスを数値化する

でもね、「ストレススキャン」なら、あなたの「ストレス」を見ることができるのです。一番落ち着いている時が、「1」、一番高い時は「100」で数値化して表示します。

ストレスチェック義務化

厚生労働省が規定する「職場におけるストレスチェック義務化」により、一般企業でも過労やうつ病対策の一環として「ストレス測定」が注目を集めています。

ストレスの原因

ストレスの原因

ストレスの原因はさまざま

そもそも、「ストレス」って何で発生するのでしょうか?

ありとあらゆる場面、タイミングでストレスという言葉が使われることから、ストレスの原因は様々であることが分かります。

ストレスは必ずしも悪いものではない

ストレスの原因は、専門的には「ストレッサー」と呼ばれます。

人間関係や仕事などの実際に体験する出来事だけでなく、視覚や聴覚などの五感を通じて感じる、すべての外部からの刺激がストレッサーになります。

ですから、「ストレッサー」は心身にとって必ずしも悪いものではない、ということをまずは理解してください。

ストレッサーの種類

体験では、下記のようなものがストレッサーとなります。

仕事、人間関係、受験、就職、離婚、家族の死、恋愛、失恋、通勤、ダイエットなど、、、

外部からの刺激として、は下記のようなものがストレッサーとなります。

音、明暗、匂い、温度、湿度、空間の広さ(狭さ)、振動、圧迫感、痛みや痒みなど、、、

ストレススキャンの示す「ストレス」

ストレスの原因

自律神経のバランスを測定

「ストレススキャン」が測定する「ストレス指数」はみなさんのカラダの中にある「自律神経のバランス」を示しています。

人のカラダには意識的に体を動かす運動神経と、無意識に心拍や呼吸、内蔵の働きを調節している自律神経が存在します。

生命維持に不可欠な機能の多くを自律神経がコントロールしているのです。

健康を保つには交感神経と副交感神経のバランスが大事

さらにその自律神経は「交感神経」と「副交感神経」からなり、車のアクセルとブレーキのように、交感神経は主に興奮・緊張状態を、副交感神経は主にリラックスや回復状態を司っています。

これらがバランスを保つことで、人は健康な状態を維持しています。

ストレススキャンの技術

ストレスの原因

心拍の波形から自律神経のバランスを測定

ストレススキャンは、自律神経の「バランス」を測定しています。心拍の波形から自律神経の状態を読み取る技術は、「心拍変動解析(HRV)」という世界的な標準技術です。

NASAでは宇宙飛行士の健康管理に活用

メンタルヘルスの管理はもちろん、職場でのストレス、過労やうつ病の予防、スポーツ選手のコンデショニング、 さらにはNASA(アメリカ航空宇宙局)の宇宙開発でも飛行士の健康管理に用いられるなど、日常生活から高度な専門分野にまで広く活用されています。

専門技術をスマホアプリに!

ストレススキャンは、こうした専門機械でしか実現できなかった「ストレス測定」を日本で初めてスマートフォンのアプリとして利用できるように開発されました。無料です!